シゴタノ!

タスクカフェ
 

仕事を予定どおりに終わらせたい人のための

タスクカフェ

 

06月10日(土) 09:45〜12:00@渋谷

 
 

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法




今回のテーマは、

新しいプロジェクトをサッと始めて着実に進める方法

です。

前回に引き続き、プロジェクト管理について掘り下げます。
前回の続きですが、今回初めて参加する方にも優しく解説します。

タスクカフェ講師の1人、佐々木正悟はこれまでに50冊以上の書籍を執筆していますが、一度たりとも原稿を落としたことがないと言います。つまり、締切に遅れることなく、1冊分の原稿を仕上げているのです。

これは、たとえて言うなら卒業論文を50回連続で期限までに提出しているようなものです。

書籍の執筆という仕事は、一冊ごとにそれぞれにテーマも背景も事情も異なる、言わば定型化しにくいプロジェクトです。もちろん、50回も繰り返していれば、その勘所は押さえられるがゆえに、初めて本を書くという人に比べて圧倒的に効率よくスピーディーに進められるということはあるでしょう。

それでも、佐々木にも1冊目の本の執筆という機会があったはずです。そこからいかにして「今」に至ったのか? これまでの経緯をひもときながら、新しいプロジェクトをサッと始めたうえで、これを着実に進めていく方法をお伝えします。

特に、見通しの立ちにくい仕事になかなか着手できずにお困りの方はぜひご参加ください。

好評いただいている個別相談の時間もご用意していますので、知識としては理解できているとは思うものの、なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


タスクカフェの流れ


大まかには以下の2つです。

1.レクチャータイム
2.ワーク&フィードバックタイム

朝9時半に会場に集合し、アイスブレイクをしたのち、
仕事を予定どおりに終わらせるためのレクチャーを行います。

『なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?』

特に、『なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?』(佐々木正悟・著)の内容をベースに、
タスクシュート時間術、すなわち仕事を予定どおりに終わらせるための時間管理の考え方と
ツールを駆使した具体的な方法をお伝えします。

ツールは、以下の2つです。

1.TaskChute(Excel)
2.たすくま(iPhone)

いずれも「タスクシュート時間術」の考え方をもとに設計・開発されていますので、
理論と実践の両方を学んでいただくことで、より効果的に活用できるようになります。


ワークショップ後半では、一人ひとり時間をとって個別にご相談に応じるための
フィードバックタイムを設けています。

抱えている課題を持ち込んでいただければ、佐々木と大橋より
直接アドバイスをさしあげます。

ご参加者全員の課題にお答えするために、6名までの少人数制にて運営しています。

知識としては理解できているとは思うものの、
なかなか実践に結びつけられず苦戦している、という方は、
ぜひこの機会にブースターとしてご活用ください。


佐々木と大橋はパーソナリティこそ違いますが、早朝から午前中にかけて主要な仕事を終わらせて、
午後以降はマイルドな時間の過ごし方をしているという共通点があります。

そもそも2人ともにフリーランスだからこういう時間の使い方ができる、ということはありますが、
時間の使い方と過ごし方は、ひとつの技術ですので、目的さえ明確であれば、望む方向に役立てる
ことができます。

土曜日の午前中を使って現状の課題を整理しつつ、この技術を身につけていきましょう。
そして、一つでも多くのアクションをお持ち帰りください。

タスクカフェが得意とするテーマは以下に掲げるような内容です。

●タスク管理の方法や手順
●タスク管理に役立つ各種アプリの選び方と活用法
●残業を減らし早く帰るための計画とふり返りの方法
●休日を有意義に過ごすための平日にやっておくべき準備
●望ましい習慣を長続きさせるためのヒント


終了後は近くの飲食店にてランチ会を予定しています。
「仕事を予定どおりに終わらせた後に何をするか?」についての情報交換など楽しくできたら、と思います。

 

これまでの参加者の声


これまでにタスクカフェにご参加いただいた方々の声をご紹介します。
 
  • タスクシュートの概念というかどこがポイントなのかを直接聞きたくて参加しました。実際に参加してみて、タスクシュートの使い方が分かってきました。時間管理ではなく定性的な評価の振り返りがレビューのポイントということが発見でした。
    (M.Kさん・30代男性)
     
  • 【 所感 】これはやられました。さらに瞬次レビューとは。これがレビューから価値を引き出す基礎になるのだなと感じました(所感なくしてレビューなし)。また、タスクシュートの設計思想にふれることができたのも収穫でした。タスクシュートをどのように使っていったらいいのか、こちらもアドバイスをいただき有難うございました。アドバイスをもとに、まずは一部機能は脇において使ってゆきたいと思います。
    (Y.Sさん・40代男性)
     
  • 土曜日の朝からとても興味深い話が聞けて良かったです。特に、最初に佐々木さんが話していた「既にシュミレーションを終えているから、人は動き出せる」、また大橋さんが話していた「時間を畑に例えて、備え、憂い、穀潰し、憂さ晴らし」の件に関しては、今、自分の将来から逆算して行動している中で、発見が大いにありました。
    改めて、自分がやるべきこと、やらなくてもいいことに関しては整理整頓を行い、集中して仕事に取り掛かっていきます。
    また、定期的に参加出来ればと思います。ありがとうございました。
    (T.Eさん・20代男性)
     
  • 大橋さんに個別面談をしていただきました。自分では絶対に気付かなかった問題解決のヒントをいただきました。時間畑の概念は、確実に私の仕事の進め方や生活をかえるものと感じました。ぜひまた参加したく思っています。ありがとうございました!
    (K.Kさん・40代男性)
     
  • 今回教わったメールチェックの手法(Gmailのスター機能を使ったメールの分類)は、会社のOutlookでもさっそく実践し始めました。
    個別相談は佐々木さんに受けていただきました。
    佐々木さんからお話を伺う中で、自分はタスクシュートの概念を理解すること自体は、(一応)できているようだという実感を得られました。
    ただ、自分はたすくまを使ってはいるものの、ログを残すだけになっているのが現状なので、日々振り返りの時間を設けて調整や修正をしていくことが重要だと改めて認識しました。
    また、見方次第で、様々なタスクをリピートタスクとして扱う・捉えることができることを学びました。
    意外だったのは、タスクシュートでは、とにかくリピートタスクを増やすことが重要であり、プロジェクトを増やしたり、プロジェクトとタスクをひも付けることはさほど重要ではない、と言われたことです(自分の中では、そのひも付けは重要なものであり、にもかかわらずそれができていない今の状況は問題だと思っていたので…)。
    タスク管理についての見方や考え方、それらについての自分の認識を変えるきっかけを得られました。
    タスクカフェは毎月開催されているとのことなので、今後も仕事術の修得、実践及び点検のペースメーカーとして参加させていただくとよいかなと思いました。他の参加者の方は全てリピーター、ということには初めは驚きましたが、レクチャーのテーマは毎回異なるようですし、個別相談時間の存在を考えれば合点が行きますね。
    参加すれば、それだけでも得られるものはあると思います。ですが、できるだけ自分自身の課題や疑問を洗い出して(明文化して)おくと、具体的な(その時の自分にとって切実な、すぐにでも解消したい不満についての)質問ができ、より的を得た回答をいただくことにつながる気がします(自分はこの点が甘かったと思っており、今回の反省点です)。
    セミナー後の食事会の時間にも、他の参加者の方々も含め、個々人のタスク管理に留まらない色々なお話を伺うことができて有意義でした(食事も美味しかったです)。
    講師のお二方と実際にお会いできたことも収穫でした(実はこちらも参加目的のひとつでした)。
    また次回も参加させていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。
    (S.Mさん・30代男性)
     
  • 個別相談含め、一方的に話を聞くだけではない点が良かったです。また、ランチ会での講師や受講者の方々との会話でも、いろいろ気づきを得る事ができ有意義でした。個別相談で伝授していただいた事項は、月曜日からすぐに業務に反映したく待ち遠しい気分です。
    (T.Sさん・40代男性)
     
  • セミナーでは、いかに毎日の無駄なを削って時間を創出していくか、新しい視点が得られました。さらに個別相談では、少し複雑なプロジェクトの管理にも応用する方法を教えて頂き、とても参考になりました。新しい課題が増えましたが、早速今週から学んだことを実践しています。前よりも楽しくタスク管理が出来るとおもいます。
    (T.Iさん・30代男性)
     
  • 個別レクチャーで佐々木さんに相談にのってもらいました。僕のプロジェクトは〈Gmailを整理する〉でしたが、僕のできていないことに対して、それぞれ具体的かつ効果的と思えるアドバイスをいただきました。今回、〈Gmailを整理しない〉レシピを事前に準備しておきました。それを、佐々木さんのアドバイスと突き合せることで、何をすればいいか非常に明確になりました!Evernoteに引き続き、Gmailの整理も何とかなりそうです。
    (S.Tさん・30代男性)
     
  • 個人セッションが大変良かったため、リピートです! また、大橋さんの娯楽の時間の使い方(とらえ方)が参考にもなりました。
    (Y.Iさん・30代男性)
     
  • 早速、プロジェクトを4つ、今日頂いたワークシートに書きました。明日から短時間ですが、毎日これら4つのプロジェクトに取り組みます。
    他の人の話も参考になりますが、個別に相談できるのはすごくありがたいです。
    (S.Nさん・50代男性)
     
  • 時間帯で分けるというのは仕事術の本や記事でよく見るが、一番腹落ちする説明だった。話を聞いてるうちに、自分の仕事への適用イメージがかなり具体的になった。
    (R.Sさん・30代男性)
     
  • 良かった点は、質問に丁寧にお答えいただけた(お答えしている)ところ(少人数なので、ざっくばらんに質問ができました)、佐々木さんとの掛け合い、相互のフォロー、見やすいPPTと、わかりやすい事例と置き換え(PPTを後でいただけたので、振り返りがしやすいです)、時間に正確なこと、です。
    (T.Sさん・30代女性)
     
  • 実行できる計画の立て方、記録をどう次のアクションに生かすかの具体的な方法が学べました。記録をつけるところまでで足踏み状態だったので、勉強になりましたし、モチベーションもあがりました。ありがとうございました。
    大橋さんが、マラソンや料理に例えて説明してくださるのが非常にわかりやすく有難いです。
    佐々木さんがおっしゃっていた、wish listではなく、今やらないこと(やる必要のないこと)リスト、という考え方を知ることで、やりたいことができていないという無力感、心の負担が軽減されました。
    (Y.Tさん・40代女性)
     
  • タスクシュートを使い始めて1ヶ月ですが、次々に出てくる疑問に答えて頂き、スッキリしました。
    その場での質問もできますし、自分で考える時間もあるので、あっという間の3時間でした。
    また、他の方の仕事に対する真剣な姿勢も励みになりました。
    若い方はもちろん、退職後の年配の方にもおすすめです。(J.Mさん・50代女性)
     
  • 毎日の記録を横に比べてルールや法則を探すという視点を教えていただけたのがよかったです。さっそく試してみます。タスク管理に自分なりの改良を加えられるように、記録を振り返る時間を持つことが大切なように感じました。
    大橋さんのエンジニアらしい、具体的かつ的確なお話の合間に入る、佐々木さんの哲学的な語りがとても面白かったです。someday listは「やらなくてもよいリストかもしれない」には思わず合点がいきました。自分を含め、救われる人がたくさんいると思います。世間では、someday listを実現できないのはダメな人間だと、不安をあおるマーケティングが流布しすぎているかもしれません。(S.Kさん・40代女性)
     
  • いろいろな立場の方がタスク管理をしていることが肌でわかってよかったです。3時間があっという間でした。(M.Yさん・30代女性)
     
  • 日次レビュー、週次レビューを突き詰めていくと色々な問題が見えてきます。参加して実際の経験談や問題解決の方法を伺うことが大変参考になります。(K.Iさん・50代男性)
     
  • 個別の質問にじっくりと答えてくれたことが,とても良かった。自分の質問をしっかりと取りあげていただけたこともさることながら,他の人の質問に対する回答も役に立つことが多かった。
    ある程度タスク管理を自分なりにやっている人におすすめです。なぜなら,実践していくと,書籍などではフォローしきれない個別な問題点が出てくると思うので,このような機会に直接アドバイスをもらえると大変助かるからです。(A.Hさん・30代男性)
     
  • 講師の実際のスケジュール帳や、Evernoteの中身などを見せてもらえて良かった。佐々木さんや大橋さんの仕事の進め方が、非常にストイックでとても感心させられました。やる事をきっちり決めてしまうというのは、堅苦しく感じ臨機応変に対応した方が、気持ち的に楽な気もしていましたが、実は、次にやる事が決まっている方が、余計な事を考えなくて物事がスムーズに進む事がわかりました。(Y.Uさん・40代男性)
     
  • 大橋さんの自分はこうやってます、というサンプルは面白かったですし、参考になりました。時間割は作っていきたいと思いましたので、さっそく平日の時間割を作成してみました。何か新しいことをする、考えるきっかけ、となりました、ありがとうございます。(M.Wさん・30代女性)
     
  • 初めて参加しましたが、とてもアットホームな雰囲気でリラックスして参加することができました。個別の悩みや質問に面と向かって答えていただけるとても貴重なセミナーだと思いました。
    個人的には、混沌とした「やることリスト」の管理方法に悩んでましたが、佐々木さんと大橋さんのお話を聞いて、胸のつかえがとれました。ありがとうございました。(K.Oさん・40代男性)
     
  • 1.私は人見知りなので、筆問やワークの時間が心配でしたがとても良い流れで誘導して頂けて良かったです。
    2.タスク管理の入り口がわかり、「私もやってみたい。」と思わせて頂けました。
    3.大橋さんや佐々木さん等タスク管理をしている方の毎日の生活の考え方が目からウロコでした。タスク管理で自分の人生も管理していけるって素晴らしいですね。
    4.ランチで実際にタスク管理をされている方からお話を聞けて、使っているアプリや使い方を教えてもらいました。(J.Mさん・50代女性)
     
  • 参加者の個別な事例、講師のお二人が実践していることなど、具体的な方法を紹介していただけたことがよかったです。また、タスク管理は目的ではなく、ツールであることを再認識させていただけたことも。
    今日のセミナーにでなければ、タスク管理を目的としてして始めてしまっていたかもしれません。。。今日からすぐに行動を変えたい方、タスク管理の情報・知識があっても、行動に起こすきっかけがつかめていない方におすすめします。(Y.Tさん・40代女性)
     
  • タスク管理の手法よりも、考え方や本質的なこと(記録する、見返す、日次計画を立てる)が理解できたのが良かったです。(M.Sさん・40代男性)
     
  • ・TODOとの違いを事例としてあげてくださっていたこと
    ・身近な例で例えていただいたお陰でイメージがしやすかったこと
    ・質問形式のため、ニーズに合わせた回答をいただけたこと
    ・大橋さんだけでなく、佐々木さんの違った意見を混ぜることで複数の視点があり、理解が深まったこと
    ・食事会があることでさらに深い質問、意見交換ができたこと(H.Yさん・30代男性)
     
 

タスクカフェは、こんな人におすすめです。


●「仕事に追われるばかりで本当に重要なことに時間を使えていないのが不満です…」
●「休日の朝って、ついついだらけちゃうんです☆」
●「時間をつくるためには何から始めればいいのでしょうか?」
●「タスク管理のやり方がなかなか一つに定まらなくて困っています」

 

限られた週末の時間はもちろん、その後の時間を有意義に使いたいとお考えの方は
ぜひご参加ください。

 

●講師プロフィール


大橋悦夫 大橋 悦夫(おおはし・えつお)

1974年、東京生まれ。
自分らしい時間的豊かさを追求するコンサルタント。
ブログ「シゴタノ! 仕事を楽しくする研究日誌」主宰。

上智大学外国語学部英語学科を卒業後、ソフトウェア技術者、テクニカル
ライター、専門学校講師などを経て、有限会社サイバーローグ研究所を設立。
現在は仕事のスピードアップ・効率アップ・やる気アップのための仕組み作りを
テーマとしたブログ記事の執筆を中心に、ビジネスパーソン向けのワークショップや
書籍の執筆・プロデュースを行う。

また、エンジニアとして1998年より自作のタスク管理ツール
TaskChute(タスクシュート)」の開発を手がけ、20,000人を超えるユーザーの日々の
タスク管理をサポートしている。

著書は『スピードハックス』『チームハックス』(ともに日本実業出版社)、
『「手帳ブログ」のススメ』(翔泳社)など多数。

※使用PCはWindows


佐々木正悟 佐々木正悟(ささき・しょうご)

1973年、北海道生まれ。心理学ジャーナリスト、
専門は認知心理学。
ブログ「シゴタノ! 仕事を楽しくする研究日誌」を大橋悦夫と共同で主宰。

獨協大学外国語学部英語学科を卒業後、ドコモサービスで働く。
2001年アヴィラ大学心理学科に留学。同大学卒業後、2004年ネバダ州立大学リノ校・実験心理科博士課程に
移籍。2005年に帰国。

心理学的見地にもとづいた効率的な仕事ノウハウに定評があり、
書籍やオンライン連載の執筆の傍ら、「タスク管理」「時間管理」の
コンサルタントとして活動。

著書は『スピードハックス』『チームハックス』(ともに日本実業出版社)、
『なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか?』(技術評論社)、『先送りせずすぐやる人に変わる方法』(中経出版)など多数。

※使用PCはMac

 

シゴタノ!タスクカフェ開催概要


●日時:2017年06月10日(土) 09:45〜12:00(9:30受付開始)
●会場:糀屋箱機構(こうじやはこきこう)/渋谷駅から徒歩5分(地図
●定員:6名(先着)
●会費:7,020円(税込)
 ※ランチ会参加者は別途当日実費


 

タスクカフェ@渋谷

* は必須入力項目です。

お名前(姓)   * 例:大橋
お名前(名)   * 例:悦夫
ふりがな
(姓+名)   *
例:おおはしえつお
メールアドレス   * 例:info@cyblog.co.jp
日付 06月10日(土)
携帯電話番号
(緊急連絡先)   *
お持ちでない場合は固定電話でも可
性別   * 男性 女性
年代   *
お住まいの
都道府県   *
ランチ会   * 参加します!
不参加で…
ご参加動機

※折り返し確認メールをお送りします。もし5分以上たっても届かない場合は、
 迷惑メール等に振り分けられている場合がありますので、ご確認をお願いします。
 それでも確認メールが見つからない場合はこちらよりお問い合わせください。